スーパーコンパニオンとの宴会と、気まずい想いをしないために

職場やサークル仲間との酒席は、親睦を深めることに大きな意義があります。

そのためには、酒席で起こったことに関しては、大目にみることも必要なときもあります。

しかし、メンバーに女性がいる場合は、お酌の強要はもちろんのこと、アルコールの勢いに任せて体に触れる行為は、トラブルにも発展しかねません。

[関連リンク》http://www.roudousha.net/human/Work3ijime003.html

現在は、社会全体がそういう雰囲気になっていますが、ある程度の年代の人になると、まだ、既成概念が変わらない人もいますので要注意です。

その点、スーパーコンパニオンを交えての酒席は、お酌はもちろんのこと、それ以上のサービスを求めることも可能です。

また、社会人経験の浅い男性にとっては、このような空間を経験していくことも大切だといえます。

ただし、スーパーコンパニオンとともに過ごした時間は、あくまでも宴会中のできごとと割り切ることが大切です。

そのためには、参加者全員がスーパーコンパニオンとの宴会を楽しめる雰囲気にあることが条件になります。

もちろん、酒席でのできごとで、後日、顔を合わせたときに、参加者同士が気まずい想いをしないためには、参加者それぞれが節度ある態度を取る必要もあります。

せっかくの宴会ですから、スーパーコンパニオンとの時間を楽しいひとときにしたいものですね。